2014年7月16日水曜日

minne(ミンネ)売れないからの脱却11

このエントリーをはてなブックマークに追加
売れないからの脱却シリーズも11回目となりました。

超初心者や、売れない方への工夫・ヒント・心構えなどを
書いているこのシリーズ。

前回は商品UPする時間帯の工夫でした。


今回は以前少し書いたのですが、
超初心に返って(基本過ぎて為にならないかも!?)

基本を押さえて売る&返品を防ごう!です。


みなさんはminne(ミンネ)で売る時
商品情報きちんと記載していますか?

写真だけだと意外とサイズ感わからないですよね。

サイズは縦○センチや、
全長○センチなど記載しているでしょうか?

他には商品の横に定規を置いた写真を載せて、
サイズがわかるようにしている方もいらっしゃいますね。

私もそうですが、購入を考えた時、
サイズがわからないと怖くて買えないです。

サイズの記載があっても、
「サイズ感が思っていたのと違った」という理由で返品があるようなので、
そういうのをなくすためにもサイズ記載はした方がいいです。

なるべく細かくサイズを記載するようにしましょう!


また、素材を記入していない方も多いことに驚いています。
特に金属について。

アクセサリーの場合チャームやチェーン部分の素材が何かわからない・・・。

14kや18k、チタンの時はちゃんと記載があるのに、
真鍮やメッキ系は記載がない事が多いです。

また、商品画面にそのつど書くのが面倒くさいからか、
プロフィール画面に

「商品ページに素材の記載が無い場合、全て真鍮です。」

という方を見たことがあります。

作家プロフィール→商品ルートで来るお客様よりも、
商品画面だけをみて購入を検討される事が多いので、
面倒でも個々の商品ページにつど記載するのが基本だと思います。



私が買う立場だったら、金属アレルギーはないですが、
金属の記載がないのはちょっと購入するのを躊躇します。


サイズや素材を記載するのは販売者にとって
最低限のマナーです。

この頃minne(ミンネ)を見て気になったので、
こんな記事を書いてみました。






ハンドメイド個人ショップ・ブログランキング参加中です。
 よかったらクリックお願いいたします。
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド個人ショップへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿