2015年2月14日土曜日

自分のショップを客観的に見れるかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加
minne(ミンネ)やCreema(クリーマ)などで
さまざまな作家さんのページと自分のページを見比べて
自分には何が足りないのかを考えてみる。

私はよくしています(笑)

でも、自分のショップを客観的に見るって意外と難しいですよね。

自分ではそう見ているつもりなのですが・・・。

所詮自分が良いと思ったセンスで作っているから
客観的に見ているつもりでも、ひいき目になってるというか
本当の問題点は見えてなかったりするのかも・・・と感じていました。

ハンドメイド販売で売れない理由はこんなところにもあるかも。


人でも、自分の事を他人の方がよくわかっていたりしません?

本人は八方美人と思って動いているわけじゃないのに、
周りの人はみんな八方美人だわねと思ってたり。

周りの人の方がよほど冷静に判断してくれそう。

本音をはっきり言ってくれる友人がいればいいけれど、
そんな人はほとんどいないので、
自分がターゲットとしている客層の方々に
このショップどう思う?
って訪ねて生の声を聞けたらいいですよね~。

自分では気づけない事に気がつけそう。

 なんてことを考えていました。


ハンドメイド個人ショップ・ブログランキング参加中です。
 よかったらクリックお願いいたします。
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド個人ショップへ
にほんブログ村

2 件のコメント:

  1. 出品者の中には友達にでも宛てた手紙のような説明文書いてる人がいて驚きます。
    購入者側もその親しい雰囲気にハマれば根強いリピーターになってくれるのかもしれないですが、個人的にはあまり好きではないです...。

    あと生活感が出過ぎているのもちょっと(汗)

    逆に画像も一枚だけ、説明文も一行だけの簡素過ぎる人もいてひっくり返りそうになる時もあります。

    人のアラ探しをする訳じゃないですが、画像や文章からセンスや人柄がなんとなく分かるので好みの問題もあるかもしれないですね。

    返信削除
  2. waka okaさん
    確かに不思議な商品説明の方いらっしゃいますね(笑)
    その世界観が好きなお客様をターゲットにしているならいいのかもしれないですが、
    私もそういうのは苦手です。

    画像や文章から見える人柄って重要ですよね。
    自分が購入する立場になって見ることを心掛けないといけないですね~(^^;)

    返信削除